« 水菜くらべ | トップページ | 2013カレンダー »

2013年2月 7日 (木)

鹿児島ローカルフード宣伝大使?

今月のシフォンケーキは、林檎 apple ですshine

ふんわり、しっとりんごで、ジューシーなシフォンを是非どうぞsign01

自家製キッシュと生パスタが人気メニューのイタリアンデリrestaurant&カフェcafe

フィランジェーリは、世田谷線松陰神社前駅徒歩0分

OPEN:11時~21時(日祝~19時) 定休日:月曜(祝日の場合はその翌日)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

1月末から、鹿児島づいていて、鹿児島話ばかりになってしまってますcoldsweats01

今日はさらに私の実家のある枕崎市中心のローカル話がたっぷりsweat02

一番下の妹の住む仙台に行く途中で母がフィランジェーリに立ち寄った時のお土産。

130130_6_2

その1、母が作った金柑の甘露煮。

実家の庭に金柑の木があって、昔からどっさり実ります。

子供の頃、お腹がすくとちぎって食べたりしましたが、ニガ酸っぱくて、皮だけ食べて、ポイ。

実は、生も、甘露煮もあんまり好きではなく・・・

スタッフのヤノさんは大好きで、聞くと、今売ってる金柑はニガ酸っぱくないそうです。

びっくり~w(゚o゚)w

都会育ちのサエキさんにおすそわけしたら、「美味しい~sign03」と喜んでくれて、全部差し上げました。ヨカッタ。

130130_2

その2、友達のお店"うさぎや"のお菓子と、リクエストした"四元もち店"の団子餅。

130130_3

左が"かいも団子"と書かれていた、いわゆる、"さつまいも団子"

右が"よもぎ"とかかれていた、いわゆる、"かからん団子"

このかからん団子は、南九州の団子で、

餅よりもヨモギの方が多いんじゃないかと思う配合量の団子を、かからんの葉で挟んだ柔らかい団子餅

130130_4

上が、うさぎやの"よかにせ餅"

下が、その"かからん団子"の団子餅。真っ黒けですhappy01

いちいち解説が必要ですが、"よかにせ"とは、鹿児島弁でイケメンのことです。

なんで、そんな名前にしたのかな?こんど、聞いてみよっ。

鹿児島は、団子とか餅の料理の種類が多く、

慶弔事とかにいろんな種類の餅や団子が箱詰めにされたものがふるまわれたりします。

次は、鹿児島日帰り旅のお土産。

130130_7

「手作りですか~?」と聞かれた、これらの団子餅が買えるのは、

母のお土産でも登場した、四元もち屋

移転して、昔のふっる~い面影は無くなっていますが、

創業60年くらいらしい。80歳近くになるおばあちゃんが作っているとありますが、

私の小さい頃から考えると、今の私くらいの人が作ってたって思うと、感慨深いものがある・・・confident

130130_5

こちらも四元もち屋の名物、大福。かからん団子もそうですが、全部1コ50円です。

お土産用とおやつに11個買いましたが、550円也。安いです。

重ねて包まれて、だら~んとしているので、きれいに包装して並べられた団子を見慣れていると、

買ったものだと思わないみたいです(^_^;)

「手作りですか?」と聞かれて「違うよ~」と答えてしまいましたが、100%手作りです!

お土産の品の話をしていて、不思議な会話になってしまい、何だか可笑しい。

大福はそうじゃないけれど、かからん団子はそれぞれの家庭で作られていたものです。

私の友人も言っていましたが、「知らない人に是非食べてみてもらいたい団子だよね。」

同感sign01

130130_1

こちらもふたたび登場の"うさぎや"のお菓子。

高校の同級生がお父様の跡をついで、頑張っているお店。実は、25年ぶりに会う同級生なのです。

黒糖ぼうろをたくさんオマケしてくれましたshine

黒糖を使ったお菓子も鹿児島にはたくさんあります。

スタッフのみんなには、黒糖ぼうろの素朴な味がうけていました^m^

日帰り旅の間、大福1個食べただけだったので、その日のまともな食事は、

帰りの飛行機に乗る前、車で送ってくれた妹夫婦と鹿児島空港でいただきました。

130130_8

鹿児島の料理がよかったので、空港内のふく福

鹿児島ローカルの和食ファミレスですが、地元の味がするので、好きな店です。

私が頼んだのは、黒豚しゃぶしゃぶときびなごの天ぷら付のビールセットbeer

鶏飯(けいはん)が食べたかったのに売り切れ・・・残念(T_T)

130130_9

妹が頼んだのは、黒豚のうどんつけ麺。鶏飯がないからと、カッパ巻きを頼む妹。

おこちゃまか? 私はおいなりがよかったけど、ここは、なぜか妹に譲る。

妹のダンナさんが頼んだのは、あんまりおもしろくなかったからカット~happy02

少し甘い味付けや、出汁の味が、鹿児島テイストで懐かしかった。

鹿児島市街地を避ける高速道路ができる前、

年に一度は鹿児島に帰っていたとき、母が空港まで迎えに来ると、

鹿児島市街地のはずれの七ツ島というところにある、こちらのお店によく立ち寄っていました。

この日も、ここで、妹たちと一緒にゆっくり食事することができたので、よかった。

妹がすかさず、こちらのお店のポイントカードを出していたのにウケタけどsmile

130130_10

トドメはこの"かつおせんべい"sign01

食べると、鰹節食べてるみたいな味。

このまま、ご飯か豆腐にのせてもいけるんじゃないかっていうくらいの鰹節味。

持ってきてくれたのは、ランチタイム前、一人のお客様・・・?sign01

私の名前を呼びながら入ってきたのは、高校時代の友達~5年ぶり~happy02

私が帰省するといつも集まってくれるテニス部の仲間の1人でもあるこの友達が、鹿児島に帰った二日後にやってきた。

研修の帰りで、今日、鹿児島に帰るけど、"フィランジェーリには立ち寄らなきゃ"と、

すごい遠回りしてきてくれましたヽ(^。^)ノ

日曜に東京に来たのに、何故かその次の日の月曜に祖母が亡くなった事を知っていた・・・という

摩訶不思議。

うさぎやさんにお土産買いに行った時もそうだったのよねぇ。

ひさしぶり~って言った早々、「おばあちゃん、亡くなったんだってね・・・」だって。

これまた摩訶不思議?

(・_・)エッ....? なんで、私が言う前にみんな知ってるワケ???

というか、せっま~い街なんだわ~枕崎って(^-^;

あっ、でもねでもね。

フィランジェーリのスタッフの人達が、私の身内や友人に会い、お土産三昧されてるうちに、

人も物も、おしゃれなものはあんまりないケドsweat01 味は素朴で美味しいshine

「鹿児島が何だか身近になってきた。」と言ってくれてるわけですョ!

それが言いたかったわけですけど、故郷の活性化にちび~っと貢献してる~!

かな?・・・sweat02

|

« 水菜くらべ | トップページ | 2013カレンダー »

鹿児島」カテゴリの記事

コメント

ここのお餅屋さん、知ってるかも…
私の父親の実家かもしれな〰い!
まぁ父親とは、30年以上会ってないけど。鹿児のお餅屋さんの記憶はありますわあ~。

投稿: びんちゃん | 2014年10月13日 (月) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水菜くらべ | トップページ | 2013カレンダー »